優和の里 怪我防止になるように

怪我防止になるように

車いすの入居者様が怪我しないようにフットレストにタオル生地でカバーを作ってくれた職員が居ました。きっと家でチクチクお裁縫してくれたのだと思います。ご自分でも歩こうとされる入居者様なので、フットレストが当たって怪我につながる場合があります。前の入居施設で作られたものでしょうか、ご家族の手作りなのでしょうか、元々付けてあったものが破れてきてしまい、危なくなったので新しく作ったようです。そんな気遣いの出来る、また、手間をかけてくれる職員のいる優和の里を誇りに思います。

優和の里 8月の食事会・地蔵祭りを開催しました!

8月の食事会・地蔵祭りを開催しました!

今年は新型コロナウィルス感染症防止の為、夜の花火大会を控え昼間に地蔵祭り(夏祭り)を開催しました。 優和の里は、敷地内に延命地蔵様が祀ってあります。普段からもお地蔵様までのお参り散歩を行っていることから、夏祭りは「地蔵祭り」と呼んでいます。 お昼に8月のお誕生者をお祝いした後、御馳走をたらふく味わっていただいて、一休みしてからお祭りでした。 お祭りでは、混雑しないようにグループで射的ゲームやヨーヨー釣りを楽しんで頂きました。飲食コーナーでは、ラムネ・かき氷・たこ焼き・綿あめとお祭りらしいメニューで、さっき食事を摂られたとは思えぬ食欲で、おかわりまでされる方も多くいらっしゃいました。最後はおはら節の総踊りで締めくくり、いつになく踊りの輪が広がりました。 職員の私達もお祭りや花火大会が中止となり、優和の里での催しが唯一の夏の思い出となりました。来年は、盛大にできる事を願っています。 箸袋は千代紙で一人ずつ作ってありました! いくつになっても釣れると嬉しそうです。 男性職員によるお神輿で始まりました!何故か北島三郎の「祭り」を歌いながら(笑)    

優和の里 地蔵祭りの準備中…

地蔵祭りの準備中…

明後日18日は地蔵祭り(夏祭り)です。行事担当・レク担当で夜に集まって雰囲気づくりに勤しんでおります。 完成すると食堂ホールに飾り、満足げに帰っていきました。その作品を写真に収めようと食堂へ行くと、まさかの飾りが半分ほど落ちている!男性諸君、両面テープではダメなのだよ…ちゃんとテグスでね( ^ω^)・・・

優和の里 咲きました!

咲きました!

皆で種まきした朝顔、ご自分で水やりをされる方にはお部屋で育てていただきました。すると続々と花が開き、嬉しそうに入居者様も職員も話してきます。これは写真に収めないと!とパチリ。 白い花が咲いたところもあり、記念撮影しました。また、何故か上にばかり伸びて全く咲かない鉢もあり、実に個性的です。持ち主も大笑いで見せてくれました。が、写真は本人の名誉のために?載せずにおきます。 それから、お知らせです。Instagramを始めました!Facebookとも連動させたのでどちらでも見ることが出来ます。優和の里での入居者様の様子や職員の活動など生き生きと伝えられたら、と思っております。コロナ禍でも元気に頑張っている姿を載せていきますよ~  

優和の里 今月は涼しげです

今月は涼しげです

今月の入居者様のお部屋の前に飾られているのは、梅雨にちなんだものです。青い雨雲から雨が落ちているところはテグスで繋いでいます。傘が秀逸です!ホントに器用だなあと感心しています。柄の部分はモールを使ってとても凝っているうえにどのお部屋も一つとして同じものがない!それだけ入居者様への思いがこもっているんですね❣ 傘の内側はこのようになっています今月だけなのがもったいない!

優和の里 七夕祭り、例に漏れず優和の里も(⋈◍>◡<◍)。✧♡

七夕祭り、例に漏れず優和の里も(⋈◍>◡<◍)。✧♡

どこの施設も当然飾っているでしょうが、優和の里も玄関ロビー、食堂ホール、デイルームに加え、エレベーター前にも小さくて可愛い笹に飾りつけをしてありました。短冊に色々な願いを込めてありました。写真にありますが、ある入居者様、「毎日元気に過ごす事です。出来ます。」と断言されていました。イマドキはもはや願い事じゃないんですね。 玄関ロビー 食堂 デイルーム ピンクはきっと職員だな

愛心苑 施設にご来苑頂いてのテレビ電話面会の中止について

施設にご来苑頂いてのテレビ電話面会の中止について

鹿児島県では7月1日に新規感染者確認、翌日2日は新たに9名の感染者確認、3日は30人の感染者確認とクラスター発生により、鹿児島県全域へと感染が拡大しております。愛心苑としましては、7月より段階的に面会を開始する方向性で検討していましたが、今回の報道を受けまして、引き続きの「面会謝絶」、併せて「愛心苑へご来苑頂いてのテレビ電話面会」については、当面の間中止とさせて頂きます。ご自宅からのテレビ電話面会につきましては、引き続きの対応を致しますので、どうぞご活用ください。 最後になりましたが、愛心苑職員につきましては、高齢者福祉施設に勤めているという自覚を持ち、健康管理には十分注意し、三つの蜜を徹底的に避けるとともに、手洗いなどの基本的な感染対策をし、入居者様のケアにあたらせて頂きます。

社会福祉法人 愛心会

社会福祉法人

愛心会グループ