優和の里 南日本新聞にご家族からのメッセージ掲載

南日本新聞にご家族からのメッセージ掲載

今月14日付けの南日本新聞「前略 お元気ですか」に入居者様のご家族より「高齢者施設のお母さんへ」と題してメッセージが掲載されました!3姉妹でお母様のお誕生日に施設に行く計画を立てていたけど新型コロナウィルスの感染防止の為に今回は断念したとのこと。ご家族のお母様への思いと優しさ、気遣いに目頭が熱くなりました。ご本人も涙を流していらっしゃいました。 本日、県内にいらっしゃるお二人が面会に来られ、15分というほんの短い時間でしたが貴重な家族の時間を過ごされました。趣味でサラサラと書いたりされるのだとか。新聞に載ること自体素晴らしいことですよね!ホームページにもぜひ紹介させてください、と了解を頂いたのでした。

優和の里 芽が出るのが楽しみ~

芽が出るのが楽しみ~

今日のお茶会は、環境美化委員会のメンバーが担当になり、朝顔の種まきを行いました。お天気も良くて桜島の灰も免れ、久しぶりに土に触れて、なんだか皆様「自然」に癒されているようでした。 誰の鉢が一番先に芽が出るでしょうか?また、どんな花が咲くのかみんなで待ち遠しい気持ちになりました!これからの毎日が楽しみです。 サボテン?! 手作りの鉢です♥  

優和の里 金太郎、入居者様に負ける

金太郎、入居者様に負ける

5月19日は、食事会の日でした。今月生まれの入居者様は、全員90歳!同級生でした。この日のメニューは、卵とねぎのチャーハンにエビチリ、前菜4種盛りと中華料理のラインナップで、そうなればデザートはもちろん杏仁豆腐です。 今回の余興は、『こいのぼり』、『茶摘み』など季節の歌を合唱した後、職員による劇を行いました。タイトルは「金太郎」。あの物語とはかけ離れたストーリーでしたが、皆様大爆笑で楽しそうに見物していました。森の動物たちと相撲を取っていると、おもむろに一人の入居者様が金太郎の前に現れました。見事押し出しにて入居者様の勝ちとなりました。こうして入居者様も参加されると更に盛り上がります。今後も一緒に楽しめる催しを企画していきます。 蒸し鶏・煮卵・中華クラゲ・にんにくの芽の炒め物が4種盛りの内容です。おいしかった! 飾りつけに栄養士さんが野イチゴを持ってきてくれました。 金太郎、90代に負けました!もう既に腰が引けてますよ…  

社会福祉法人 愛心会

社会福祉法人

愛心会グループ