優和の里 NEW 咲きました!

咲きました!

皆で種まきした朝顔、ご自分で水やりをされる方にはお部屋で育てていただきました。すると続々と花が開き、嬉しそうに入居者様も職員も話してきます。これは写真に収めないと!とパチリ。 白い花が咲いたところもあり、記念撮影しました。また、何故か上にばかり伸びて全く咲かない鉢もあり、実に個性的です。持ち主も大笑いで見せてくれました。が、写真は本人の名誉のために?載せずにおきます。 それから、お知らせです。Instagramを始めました!Facebookとも連動させたのでどちらでも見ることが出来ます。優和の里での入居者様の様子や職員の活動など生き生きと伝えられたら、と思っております。コロナ禍でも元気に頑張っている姿を載せていきますよ~  

優和の里 今月は涼しげです

今月は涼しげです

今月の入居者様のお部屋の前に飾られているのは、梅雨にちなんだものです。青い雨雲から雨が落ちているところはテグスで繋いでいます。傘が秀逸です!ホントに器用だなあと感心しています。柄の部分はモールを使ってとても凝っているうえにどのお部屋も一つとして同じものがない!それだけ入居者様への思いがこもっているんですね❣ 傘の内側はこのようになっています今月だけなのがもったいない!

優和の里 七夕祭り、例に漏れず優和の里も(⋈◍>◡<◍)。✧♡

七夕祭り、例に漏れず優和の里も(⋈◍>◡<◍)。✧♡

どこの施設も当然飾っているでしょうが、優和の里も玄関ロビー、食堂ホール、デイルームに加え、エレベーター前にも小さくて可愛い笹に飾りつけをしてありました。短冊に色々な願いを込めてありました。写真にありますが、ある入居者様、「毎日元気に過ごす事です。出来ます。」と断言されていました。イマドキはもはや願い事じゃないんですね。 玄関ロビー 食堂 デイルーム ピンクはきっと職員だな

愛心苑 施設にご来苑頂いてのテレビ電話面会の中止について

施設にご来苑頂いてのテレビ電話面会の中止について

鹿児島県では7月1日に新規感染者確認、翌日2日は新たに9名の感染者確認、3日は30人の感染者確認とクラスター発生により、鹿児島県全域へと感染が拡大しております。愛心苑としましては、7月より段階的に面会を開始する方向性で検討していましたが、今回の報道を受けまして、引き続きの「面会謝絶」、併せて「愛心苑へご来苑頂いてのテレビ電話面会」については、当面の間中止とさせて頂きます。ご自宅からのテレビ電話面会につきましては、引き続きの対応を致しますので、どうぞご活用ください。 最後になりましたが、愛心苑職員につきましては、高齢者福祉施設に勤めているという自覚を持ち、健康管理には十分注意し、三つの蜜を徹底的に避けるとともに、手洗いなどの基本的な感染対策をし、入居者様のケアにあたらせて頂きます。

優和の里 6月23日食事会を行いました。

6月23日食事会を行いました。

6月のお誕生者は5名でした。いつものように花束をプレゼントした後は、今回優和の里で初めてのお誕生日を迎える入居者様に代表して乾杯の音頭をとって頂きました。食事のメニューは、入居者様のリクエストに応えて「ガネ」を。婦人会のレシピを聞いて作ったそうです。どうりで皆様に馴染みのある味に仕上がっていました! 食事の後は、楽しい余興の時間です。定番の『麦畑』はメンバーを替えて。初めての試みである「箱の中身はなんだろな?」は、たわし、ぬいぐるみ、野菜を、入居者様は簡単に当てちゃいました。次回はもっと難しいものに挑戦して頂きますよ。でも観てる側の方々も興味津々で眺めていらっしゃいました。 梅雨の晴れ間にふさわしい楽しい食事会となりました。 和風ステーキも軟らかくて美味しかったのです。 厨房の職員さんが一人一人に直筆の筆で書いて下さいました。 この後背中の籠に玉入れゲームが始まりました(^^♪

愛心苑 テレビ電話(WEB)面会がご自宅からできるようになりました!!

テレビ電話(WEB)面会がご自宅からできるようになりました!!

ご面会につきましては、長期間に渡る「面会謝絶」で大変ご迷惑をおかけしております。1日でも早く「当たり前の日常」を取り戻したいところですが、第2波やクラスターの心配、鹿児島県でも6月12日に発生した新規感染者、現在も尚、感染経路は不明のままで調査中となっております。施設としては、まだまだ油断ができないと判断しております。特別養護老人ホームの性質上、高齢者が罹患されると重症化・死亡に至る恐れもございます。入居者様の「生命をお守りする」立場と致しまして、今後も引き続きの「面会謝絶」を継続させていただきます。今後の動向を見ながら「段階的にでも通常面会」ができるように検討を重ねて参ります。ご家族の皆様、引き続きのご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

優和の里 南日本新聞にご家族からのメッセージ掲載

南日本新聞にご家族からのメッセージ掲載

今月14日付けの南日本新聞「前略 お元気ですか」に入居者様のご家族より「高齢者施設のお母さんへ」と題してメッセージが掲載されました!3姉妹でお母様のお誕生日に施設に行く計画を立てていたけど新型コロナウィルスの感染防止の為に今回は断念したとのこと。ご家族のお母様への思いと優しさ、気遣いに目頭が熱くなりました。ご本人も涙を流していらっしゃいました。 本日、県内にいらっしゃるお二人が面会に来られ、15分というほんの短い時間でしたが貴重な家族の時間を過ごされました。趣味でサラサラと書いたりされるのだとか。新聞に載ること自体素晴らしいことですよね!ホームページにもぜひ紹介させてください、と了解を頂いたのでした。

社会福祉法人 愛心会

社会福祉法人

愛心会グループ